こだわり

小豆は作物一粒たりと同じ顔をしていない。

その日の仕事の流れは、小豆と向き合う事から始まり、その日の天候、気温、小豆の品質を感じ、丁寧に餡を仕上げます。

タナカラの「命」といえるこだわりの粒あんは匠にしか出せない小豆の粒味が特徴がございます。

特に、あんこを煮ている間の撹拌にこだわり あんを漕いでいるといわれるその動きは、まるで静かに水面を撫でるよう船をこぐように 小豆の最大限の粒味を引き出していくのです。

ゆっくりと、ゆっくりと、小豆の表面を痛めぬように ひとつ、ひとつ、の粒の食感を最大限に生かし仕上げていきます。こうして完成したタナカラの粒あんには心地よい歯触りが残っているです。

伝統の茶の湯の席から、日常のティータイムまで。

先代からのレシピや技術を継承。
昔ながらの生菓子の製法を守り、日本文化を次の世代に伝えていきたいと考えています。 抹茶、煎茶、番茶、ほうじ茶、コーヒー、紅茶など 多種多様なお茶と合うお味を いつの時代にも、あれば嬉しい暦に合わせた和菓子をご用意しています。 新しい和菓子としての存在感と美味しさを追究してまいります。

タナカラのお店づくり。

和菓子は幸せの糧を合言葉に
和菓子をもっと身近に感じていただけるようスタッフ一同真心込めたおもてなしをモットーに、地域のみなさまに幸せを感じていただける時間と空間を演出しております。

毎日でもお気軽に召し上がっていただける和菓子を、ロケーションに合わせて随時ラインナップしております。

厳選された材料のみを使用。

季節や天候による微妙な違いを感じながら、素材のうまみを最大に引き出す繊細な作業に手間を惜しみません。

米は地元石川県産のお米、あんは北海小豆を使用するなど、味・風味・性質・安全性を重視し素材を厳選。

すべてはお客様の笑顔のために、一つひとつに真心をこめて。 お客様に喜んでいただくため、今後も改良を重ね、高い品質を目指し、妥協なき改善に努めています。